Sunday, March 25, 2007

ちょっとMilwaukeeへ-Safe Houseの巻


Jelly Bellyの工場を後にして、いよいよミルウォーキーへ。最初の目的地はセーフハウスというレストラン。このレストラン、ちょっと変わっていてテーマはスパイ。スパイがテーマなので、もちろんレストランも変装しています。地図に出ていない見つけにくい裏道にあるこのレストラン、看板は一切出ていなくって入り口の真っ赤なドアだけが目印。そしてドアの横についているのはインターナショナルエキスポート会社という札。知らなかったらレストランだとは分かりません。
真っ赤なドアを開けるとそこは大人が4人も入ったらいっぱいなくらいの小さな部屋。所狭しとテーブル、絵、本棚、時計などといろいろと置いてあります。ドアも二つありますが、開きません。さてどうしたらレストランに入れるのかな?
もしも「行ってみたい!」と思う人がいたら種明かしになっちゃうので、どうしたら入れるのかは内緒。この小さな部屋の仕掛けを見つけると、こうして本棚が開いて通路が現れます。ちなみ仕掛けが見つからなくっても大丈夫。ちゃんとレストランの従業員が隠しカメラで見ていて、その従業員の指示通りにすると本棚が開きます。ただこの指示というのが「みんなで踊れ」などというばかばかしいもので、その指示通りに踊る姿はレストラン中にあるテレビでみんなに見られているというか~な~り恥ずかしいものですが。
開いた本棚の奥の通路の先にはやっとセーフハウスのマークが。これもアタッシュケース、銃、手錠、短剣などとスパイ色たっぷりです。
レストランの中もスパイのものであふれています。変装するための着替え室もあったりして。これはトイレのマーク。写真では分かりにくいのですが、この女性、顔が見えないようにチュールつきの帽子をかぶり、手には探検を持ち、腿には銃を付けています。細かいですね~。
そしてこれはナプキン。「次の指令」が書いてあり、「読んで覚えたら食べてしまうこと」と書いてあります。ヤギじゃないんだから、ねぇ。
メニューはアメリカのファミレスと同じ。食べ物もまずくは無いけど美味しくも無いといったところでしょうか。サービスも遅いし、食べ物だけのためだったら来ないかなという感じです。でも是非一度行ってみる価値はある楽しいレストランです。ミルウォーキーに行く機会があったら、ここで007のジェームスボンドのようにマティーニでも飲んでみてはいかがでしょうか?

4 comments:

綾 said...

ここ超おもしろそう~ :)

Rei said...

でしょ?楽しかったよ♪
今度行こうね。

lilypopo said...

すごい!!面白い!!
行きたい!!って、いつ行けるんだろう(^^;

で、あなたはダンシングしたの!?
ぜひ、チキンダンスを踊って欲しかったわ(^m^)

Rei said...

なかなかおもしろいでしょ?
ぽぽちゃん大きくなったら遊びに来てよ。

私たちはちゃんと仕掛けが分かったから、
何もしないで入れたよ~♪
分かるまでにちょっと時間かかったけどね。